一周忌

2020年02月07日

先輩の範囲

今日のつぶやき。


上下関係ってどんなシーンまで考慮しないといけないのか…

これを不思議に思う私が不適応なのか、最近よくわからない。
狭い世界で生きているせいだろうか。



日本では、特に職場では、勤続年数が長い人が先輩となり、幅をきかせるのはよくあること。

ちょっとした趣味のサークルでも、自分たちで運営していれば、上下関係がある。



でも、どこかのお教室に通う場合、みんな同じ費用を支払う客となり、
そこでの上下関係って意識する必要があるのかな?


スポーツクラブで、もう長年通っている仲良し集団が、
マットの上を占拠して楽しくおしゃべり、
周囲は遠慮がちに隅の方に行くか、使うのを控える光景はどうなんだろう?


いくら職場だとは言え、お局が気に入らない新人を、
お局の代わりに後輩が新人に嫌がらせしてご機嫌をとるってやり過ぎじゃない?
しかもお局が新人を嫌う理由は、
はぁーーっ、と仕事中に自分が何度もため息をついていてしんどそうにしているのに
新人からの労いの言葉や気遣いがないから。
あの人は空気が読めない、協力し合うことができない人だと嫌う。
何それ?何か手伝って欲しいなら、自分からお願いしたらいいんじゃない?
しまいには、あの新人とはコミュニケーションがとれないとか言い出す。


今、もう15年くらい私が住んでいる地域は、自分の出身地ではないけれど、
地域の文化的背景も、おそらくかなりある。

でも、それにしても先輩であることにしか、自己の存在意義がない人が多すぎる。
やり過ぎな意味のわからない支配。


日本が、仕事の生産性が低い理由がコレではないだろか。

色々なシーンで蔓延し、文化となっている年功序列。


ホントは、後輩の面倒を見て育てたり、責任を取ってくれる人が先輩として威張っていい人。

年功序列に、ただあぐらをかく、そんな時代が長すぎたのかもしれない。




 


manboo40 at 12:56│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
一周忌